赤倉温泉
旅ロゴ
奥志賀高原・ダケカンバ
【奥志賀高原】(オンマウス)

【4日目】

今日は小布施の町をウロウロ。北斎館などを見て回りました。

昨日の志賀高原があまりに素晴らしかったので今日はもっと奥の奥志賀まで行くことに。
林道をくねくね走って志賀高原から野沢温泉までドライブです。

丸池ホテルのコーヒー
志賀高原の丸池ホテルで小休憩
階段途中の熊さんにびっくり!(クリックで拡大)

【奥志賀・野沢温泉】


(クリックで拡大)
志賀高原・丸池ホテル入り口の雪 丸池ホテルの馬 岳樺(ダケカンバ)の林
奥志賀の林道1 奥志賀の林道2 奥志賀の林道3
奥志賀の林道 霧1 奥志賀の林道 霧2 奥志賀の林道 霧3
奥志賀の林道 見事な紅葉 野沢温泉が眼下に広がる 野沢温泉で外湯巡り
野沢温泉 中尾の湯 野沢温泉 無料洗濯場がある 野沢温泉 横落ちの湯

午前中は長野の小布施へ行き、葛飾北斎館など美術館巡り

午後は昨日の奥志賀があまりに素晴らしかったので再度訪れることに。


志賀高原はスキーのメッカだと思っていたけれど、最近の若者はスキーをしなくなったそうな。。。
たとえやってきても日帰りとか、駐車場で夜を明かしたりコンビニで食事を調達したりで
施設の利用がグンと減ったということです。
閉鎖しているらしい建物が多くみられました。

くねくねとヘビのように蛇行する林道をかっ飛びアコードでひた走って奥志賀へ

なんという紅葉!

車窓に映る赤や黄色に織りなす錦の林をうっとり眺めていると突然の霧が!
数メートル先は地獄の一丁目!!
ソロリソロリと慎重に運転します。(オカダさんが・・・)


やっと霧が晴れてヤレヤレと目をやると眼下に野沢温泉の街が広がっていました。

駐車場に車を置いて湯の町を散策。

野沢温泉には13の共同浴場が無料で開放されています。
宿に戻る時間が迫りかけていたのでたった3つしか温泉に入れませんでしたけれど
そのどれもが時代を感じさせる情緒のある湯屋でした。
誰もいない共同洗濯場には温泉がゆるゆると溢れ、溝に流れ落ちていました。

とうとう、この旅も最後の夜になりました。

明日へとつづく・・・


『四日目の夕食』


(クリックで拡大)
四日目の夕食

お献立

キングサーモンの五色豆入りコーンソースかけ、鮪の水菜サラダ風、
カツラ大根の鱈子詰蟹あんかけ、棒鱈の煮付け、茄子の味噌汁、漬物、ご飯、メロン


最終日へ最終日へ最終日へつづく
【アルバム・トップページ】へ戻りますmodoru