超激安旅行(2)和歌山編

【湯快リゾート 越乃湯】

兄上とmamapyon夫妻の4人で超激安温泉行の旅第二弾です。
南紀勝浦温泉にある【ホテル越乃湯】は勝浦港の中に位置し、
激安旅行第1回目のホテル浦島とご近所関係にあります。
今回は安くて有名な“湯快リゾート”の通常価格をさらに下回る超激安旅行でございます。
基本を忠実に守り抜いた激安温泉道中記をご覧あれ♪(=^m^=)

朝9時にmamapyon運転の愛車が我が家に到着。送迎付です。
誰が雨男なのかお天気は・・・いまひとつ、ふたつ・・・。
でも、久しぶりの温泉行に心うきうきゴーゴー!!!


※【画像を大きくして見るには】
画像をクリックすると写真がズームアップし、
大きくなった画像を再度クリックすると元の大きさに戻ります。

本宮道の駅 本宮道の駅

白雲立ち込める『本宮道の駅!』
ここにあの“100円ミニきつねうどん”があるのです。
激安旅行の心得その(1)は“お昼ご飯は軽〜く!”です。(≧ω≦)b

本宮道の駅の店内 メニュー確認!ミニうどん100円

店内は広々として落ち着けます。メニューでまだあのミニうどんがあるかどうか確認!(=^m^=)

ミニうどん100円と持参のお握り

mamapyon持参のお握りと100円ミニきつねうどん
とろろ昆布はもちろん持参品。
mamapyonちのご飯は炊く直前に精米するそうな。
そして自家製の梅干入りでパリパリ海苔のお握り。
今回は握り方にも工夫を凝らしたんだって!(*^^*ゞ
それにしてもいつも角がピンと立った三角お握りには感心します。


ゆっくり休憩をとってお腹もほどよく満たされ一路勝浦目指して走ります。

大鳥居

熊の古道を走行中に見かけた大鳥居を車中よりパチリ!

湯の峰温泉 湯の峰温泉・公衆浴場

勝浦を目指す途中で湯の峰温泉に立ち寄り湯です。
川に流れ込む温泉で立ち上がる湯気に景色も煙ります。

湯の峰温泉・公衆浴場浴室 mamapyonとたまこの足

お湯は熱めです。
先客二人が退場したあとは貸切状態!
まっかっかに茹でダコのようになった足
左のmamapyonの方がより赤くなってます。

つぼ湯

湯の峰といえば“つぼ湯”が有名です。

たった今、お湯に入ったばかりなのでこちらは外から見るだけでパス。
茹で卵を作りにいきます。

温泉を引く管 茹で卵作り場

元湯からの配管が何本も川沿いにうねうねと引かれています。
つぼ湯から少し川下に茹で卵を作れる場所があります。

湯の峰温泉・公衆浴場浴室 茹で卵作り場を真上から見下ろす

茹で卵を作るところを対岸から見るとこんな感じ。 真上から見下ろすとこんな風。(=^m^=)

卵を茹でるところ 卵を茹でるところ

卵を茹でるところのアップです。 柵を越して覗き込むとこんな様子です!(=^m^=)
網袋に入れた卵がいくつも放り込まれています。

茹でた卵を冷やす 茹で卵をゲット♪

茹であがった卵を川の水につけて冷やしています。 卵を持って意気揚々と引き上げてくる兄上!(=^m^=)

茹で卵 茹で卵

車に戻ってほどよく冷ました茹で卵を頂きます。13分?でこんな感じに茹ります。

茹で卵

ほれっ!!! 美味しそうでしょう〜♪ 美味しかったのよ〜♪ (〃^∇^)o_彡
卵はmamapyonはんが家から持ってきました。
したがって、たまこ兄妹の卵はタダ!(≧ω≦)b

越乃湯

あ〜満足、満足と喜んでいる内に目的地の『越乃湯』に着きました!(*^^*ゞ

部屋からの眺め あれはホテル浦島じゃ〜

お部屋は4人部屋で10畳と入り口に2畳ほどの部屋と窓側に小部屋があります。
角部屋で2方向に窓があり向かいに去年泊まった「ホテル浦島」が見えます。
あの山のてっぺんのお湯にも入ったことがあるんだなぁ〜と感慨無量。

窓ガラスに映ったくつろぐmamapyon

到着が3時過ぎだったので夕飯まで時間があります。
激安旅行の心得その2は“宿には早めにチェックイン!”
湯快リゾートは部屋に入るとすでに布団が敷いてあります。
最初はギョっとしますが慣れれば気になりません。
誰もかまいに来ないので布団を隅に押しやりさっそく酒盛りです。

酒盛りの様子はあまりの雑然さにちょいカット!休憩2時間ほど休憩の後お風呂へ入って夕飯です。

バイキング料理 デザート

湯快リゾートの食事はバイキング形式です。
好物のお寿司が大半・・・他は何か写真をみても分からない!
でも、これだけ食べれば十分すぎます。。。
あくまでも“激安旅行”の心得その3“ここだけの話し!( ̄b ̄) シー!
ペットボトルに持参のお酒をしのばせて。。。これは水です。と!
よって、食事時にアルコールなんぞ注文しないのじゃ!o(`⌒´*)o

朝食

昨夜はお腹いっぱいでもう何も食べられないと思ったのに・・・
一晩寝たら、なんと何でも食べられそう。(;´▽`A``

一夜明けると昨日とは打って変わって快晴休憩勝浦から白浜経由で帰路につきます。

海の風景 橋杭岩

あれに見えるは橋杭岩か?近くに寄ってしかと見れば確かに去年も見た橋杭岩です。

海の風景 橋杭岩

山肌に青いロープが?カメラを望遠にしてよく見れば梅の木にくくり付けられた青いシートでした。
梅の実を収穫する時に木の下に広げて使われるそうです。


梅の貯蔵缶?

梅干の貯蔵缶だということですが・・・

勝浦から白浜って結構距離があります。休憩当然・・・お腹も空いてきます。

親子丼

どこかの道の駅?だったかしら。。。親子丼で昼食!(;´▽`A``

旅行最後の立ち寄り湯を探して。。。桶

美山療養温泉

美山療養温泉です。

浴室 橋杭岩
雪見風呂 雪景色

泉質はヌルヌルじゃなく、ニュルニュル・・・
湯量が少ないそうで循環湯でしたがもう一度行きたいほどのニュルニュル感でした。

お風呂に浸かっている間に雪が降ってきました。
見ている間に辺りが白く覆われていきます。
あわわ、mamapyon、運転大丈夫か?
それにしてもmamapyonはん、運転、、、達者でんな!

mamapyonとたまこの生足

最後にとどめのmamapyonとたまこはんの生足です。(=^m^=)
やっぱり、mamapyonの方が赤い! 新陳代謝がいいのか?

車で走行中、後ろの席では兄上とpaparynさんの二人がずっと酒盛り!
この旅行中一体どれくらいのお酒が消費されたのか・・・(^◇^)


お一人様【1泊2日旅行代金明細】


ホテル越乃湯宿泊料金 ¥5.450

ミニうどん ¥100

親子丼 ¥700

湯の峰 公衆浴場入湯料 ¥380

美山療養温泉 入湯料 ¥600

ガソリン代 ¥1.218

〆てお一人様合計 ¥8.448


酒代含まず!


こんなに安くて楽しい旅行、また誘ってねん!o(*^▽^*)o


写真展示ツールのJavaScriptはFancyZoom 1.1でお借りしました。