超激安旅行(1)和歌山編

【一泊目・ホテル浦島(勝浦)】

※画像をクリックすると写真がズームアップし、
大きくなった画像をクリックすると元の大きさに戻ります。

兄上とたまこ&mamapyon夫妻の4人で超激安温泉三昧2泊3日の旅にでました。
まずは途中の道の駅で足湯に浸かりながらコンビニ弁当などで昼食。
激安満喫旅行・第一のキーポイント【昼食は軽くおうどん程度!】

道の駅にあった足湯 100円うどん

《ホテル浦島》は巨大な施設でお正月は2千5百人もの泊り客があったそうです。
※(お宿のスタッフ曰く、「昨日は400人ほどの泊り客だったので恐いくらい静かでした・・・」 だって・・・)
亀さんの連絡船に乗って宿に到着!

ホテル浦島 亀の連絡船で竜宮城へ

午後2時過ぎにチェックイン!さっそくお風呂巡りと参ります。
部屋からお風呂へ、お風呂からお風呂への移動時間が長〜〜〜い!
激安満喫旅行・第二のキーポイント【チェックインは早めに!】

忘帰洞・洞窟風呂 玄武洞・洞窟風呂

次は山上にある露天風呂を目指します。
まるで万華鏡の世界に迷い込んだようなエスカレーターを
100m×3基も乗り継ぎ!

上りエスカレーター 下りエスカレーター

浴衣姿でハイキングコース?を歩いて辿り着きます。
遠く彼方に那智の滝も爪楊枝の如く望めます。(コンデジ最大望遠撮影)

勝浦の町並みと那智の滝 山成島

こじんまりとした露天風呂です。ミニ植物園風な内風呂もあります。

山上の露天風呂 宿の海庭?で釣りをする人

エレベータに乗れば下界?まであっという間に着きます。
お風呂は全部で6ヶ所あり、そのどれもが凝った造りです。

洞窟風呂 露天風呂から眼下を眺める

夕闇せまる午後5時頃、夕食の為、再び連絡船に乗り勝浦の町へ!

夕陽

【夕食】

食事は勝浦の商店街まで出かけました。
激安満喫旅行・第三のキーポイント【食事は地元の店で!】

マグロの胃袋の味噌和え マンボウの身の肝和え マグロの軟骨の柔らか煮・ポン酢添え マグロのお造り¥1500 うつぼの唐揚げ 店を変えて隣にあったお寿司屋さんへ お一人様¥2100 朝食はお宿のバイキング

【二泊目・三楽荘(白浜)】

勝浦を後に一路白浜へと車を走らせます。

全行程をmamapyonひとりで運転してくれました。ありがと!

運転好きな友達を持つと何かと良いことがあります。隣でお酒飲めたり・・・


ここは串本〜♪向かいは〜〜♪奇岩が続きます

ここは串本 橋杭岩

奇岩のてっぺんに何を思うか鳥のシルエットがひとつ・・・

橋杭岩2 橋杭岩伝説

円月島

円月島

白浜観光しながら今宵の宿【三楽荘】に到着です。

部屋の窓からの眺め・三楽荘のトップページとそっくり!w 夜、浜はライトアップされて綺麗です

お風呂は内風呂だけで露天風呂はありません。
でも源泉賭け流しにこのスケールの大きさで大満足!

きざはし(階段)のあるお風呂 お湯は源泉賭け流し

【夕食】

きざはし(階段)のあるお風呂を堪能したあと小休憩をとってから夕食のため出陣です!

夕食はmamapyonが2度目だという小料理屋さん“喜多呂”に予約を入れてくれていました。

とこぶし かつおのお刺身盛り合わせ 鯛の酒蒸し 絶品の茶碗蒸し 寿司 アサリのお汁

三楽荘の朝食(バイキング)

三楽荘の朝食バイキング

2泊3日の温泉三昧旅行の帰路にも【かなや明恵峡温泉】に立ち寄り湯!(=^m^=)

昼食にはもちろんおうどん屋さんにも立ち寄りながら
楽しい温泉三昧旅行をしめくくりました。

最後にきたむらの旦那さまにとっときの一枚をプレゼントして終わります。

“かなや明恵峡温泉”の露天風呂に咲いた花一輪!
mamapyon艶姿!!

mamapyon艶姿

【2泊3日旅行代金明細】


ホテル浦島宿泊料金 ¥5.050

小料理屋 まぐろ料理 ¥2.100

寿司 ¥2.350

三楽荘宿泊料金 ¥5.400

喜多呂 お任せ ¥3.625

ガソリン代 ¥705

高速料金 ¥363

〆てお一人様合計 ¥19.593


ガソリン代はかなりおまけしてもらってます。(*^^*ゞ


画像をクリックすると写真がズームアップし、
大きくなった画像をクリックすると元の大きさに戻ります。

写真展示ツールのJavaScriptはFancyZoom 1.1でお借りしました。